表彰式と日本語スピーチ大会、盛大に開かれる(2014.12.12北京日本大使館にて)
日中のマスコミ、表彰式を大きく報道 

「第10回中国人の日本語作文コンクール」の表彰式と日本語スピーチ大会(12月12日、北京の日本大使館で開催)は、日中両国のマスコミに大々的に報道された。
 
 NHKはニュース番組で「日本のアニメテーマに中国の学生が作文披露」と題し、「学生たちは『アニメや漫画は、友情や勇気、平和の大切さを教えてくれた』などと熱く語っていた」として現場からの映像を交えて報道。
NHK(TV)  https://www.youtube.com/watch?v=U0E8-sbY3Fo&feature=youtu.be


 テレビ局ではほかにTBSが「テーマにアニメも、中国大学生の日本語作文コンクールの表彰式」、ANNが「アニメなどテーマに 北京で日本語作文コンクール」としてこれを報じた。
TBS(TV) https://www.youtube.com/watch?v=wtadl5TSksY



 大手紙では、朝日新聞が「中国人の日本語作文コンクール、最優秀賞に姚さん」と題して報道した上で、日本僑報社が受賞作計61本を作文集『「御宅(オタク)」と呼ばれても』として出版したことなども伝えた。
朝日新聞 http://digital.asahi.com/articles/ASGDD4470GDDUHBI010.html
http://duan.jp/jp/vol_10/houdou/20141218asahi.jpg



 毎日新聞は「熱点話題」コラムで取り上げ、コンクールを主催する日本僑報社の段躍中編集長の話として、「日本語を身につけ、日本を理解する若者が中国にいるのは日本にとっても大きな財産。中国で日本ファンが少しでも増えるよう今後も尽力していきたい」との主催者の今後の目標を伝えた。
毎日新聞 http://mainichi.jp/feature/news/20141214mog00m030007000c.html
ほか、共同通信からもニュース記事が配信された。


 読売新聞 第10回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集の『「御宅」(オタク)と呼ばれても』が
読売新聞(1月12日付)の文化特集面「ポップスタイル・クール」で大きく紹介。
記事は「中国御宅(オタク) 愛日本動漫(アニメ)」と題し、本書に対して「随所に日本のアニメやマンガへの賛辞があふれる」と評価されました。

ほか、共同通信からもニュース記事が配信された。


 中国メディアは「人民網」日本語版と中国語版、チャイナネットが大きく報道。
 「人民網」は、授賞式で最優秀賞の姚さんを取材し「私の夢は記者になること。文字の力を通して
自分の考えを伝え、中日関係の改善に貢献したい」という力強い抱負を伝えた。
人民網 http://j.people.com.cn/n/2014/1216/c94473-8823553.html
http://japan.people.com.cn/n/2014/1215/c35465-26211578.html
http://www.chubun.com/modules/article/view.article.php/156712/p0/c4 (中文導報)

 チャイナネットは、日本僑報社発の記事を配信した。
 http://duan.jp/news/jp/20141212.htm
 http://duan.jp/news/jp/201412122.htm
 http://duan.jp/news/jp/201412123.htm
 


▲このページの先頭へ



会社案内 段躍中のページ : 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-17-15湖南会館内
TEL 03-5956-2808 FAX 03-5956-2809■E-mail info@duan.jp
広告募集中 詳しくは係まで:info2@duan.jp  このウェブサイトの著作権は日本僑報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。